動画広告について知る

企業のイメージアップや新商品の販売に欠かせない広告をどのように利用するかで、その商品が持つ価値やブランド力などが決定するとも言われている広告業界で動画広告はどのようなポジションにおかれているのでしょうか?動画を使う広告には、テレビコマーシャル、ウェブコマーシャル、実際に商品が展示してある場所に小さなDVD本体を置き、商品の説明などを流すものまで動画広告案件は数多くあります。

どのような表現方法をするかで、その商品や企業のもつイメージは大きく左右されるでしょう。特に動画を使用した広告では、多くの人に向けたメッセージを発信する訳です。数年前まではさほどの規模ではなかった日本でも、2017年の今年は、動画広告が急上昇していると言われています

なぜ、広告に動画を使うことでここまで売り上げが伸びているのか考えてみました。いまでは誰もがスマホを持つ時代になり、自宅でもカフェでも地下鉄や電車の中までも「Wi-Fi」が通っていて、外出先でもインターネット回線に繋がりやすくなりました。

サクサクと動画も閲覧できるようになったことが大きなポイントだとおもいます。若者だけでなく、中高生までもが、スマホで動画を見るようになり、テレビ離れが深刻な問題になっています。もちろんテレビを観ている世代には、高齢者を中心としたインターネットに縁のない方たちが多くいますので、テレビCMも高齢者向けの健康食品をテーマにしたものが多いようです。

Pocket