動画広告バナー

スマホで見る動画広告には、インストリームというテレビCM方式の広告があるのをご存知ですか?たぶん、日本国内でも一日の訪問者数が一番多いと言われているYouTubeです。自分の見たい動画をスタートさせると、いきなりコマーシャルが流れますよね。音楽を一曲聞くと、またコマーシャルが入り終わると音楽が再生される。この手法がインストリームです

このようにどこにいても動画広告が見られるのは便利ですよね。実は、動画広告に求められているのは、その商品のもつ認知度を広めることや企業のイメージをあげるために作られると考えられています。サイトを見て、動画広告をクリックするだけで簡単に新商品のページにアクセスできるわけです。

気に入れば、そのバナー広告から資料請求をすることもできますし、気に入った商品であれば、その場で注文することも可能です。もちろん、ネット決済もできますのでスマホ一台あれば、何だってできるというわけです。

以外かもしれませんが、動画広告バナーの認知度は絶大です。ほんの少しの動画広告も1回見れば記憶に残り、一度サイトで検索をすると自分の興味をもったサイトの広告が表示されますので、忘れていても思い返すことができるのもスマホの力かもしれません。ユーザーの心を掴むには動画広告を有効活用すると業績もアップすること間違いなしでしょう。最近では動画制作の業者もありますので、動画広告について考えている方は相談をしてみてもいいかもしれません。

スマホで効果絶大

ところで私たちはスマホをよく見ている世代に入るのでしょうか?昔は電話やメールが主流だった携帯電話でしたが、今ではポケットに入れて、持ち歩けるパソコンのようなスマホが主流ですよね。スマホでも、スマホ版のポータルサイトがあります。自分の調べたい項目をどこにいても簡単に調べることができますので本当に便利な世の中になりました。

検索しているときに、画面の下のほうにバナー広告が表示されているのを見たことがありますか?写真だけのバナーのときもあれば、動画のバナー広告のときもあります。何かが動いていると気になってしまい、ついそのバナー広告をクリックしてしまうという方も少なくないでしょう。

実はこの手法は、アウトストリームという動画広告です。どの箇所に動画バナーが置かれているかにより、インストリーム・インバナー・インフィード・インリードと呼ばれています。これ以外にもインリード動画広告では、コンテンツを読み進むことで、動画広告が組み込まれていて、自然に閲覧できることで視聴回数もアップするようです。このようにスマホを使用しているだけで色々なタイプの動画広告に出会うわけですが、それが現在の動画広告の売り上げアップにつながっているのでしょう

動画広告について知る

企業のイメージアップや新商品の販売に欠かせない広告をどのように利用するかで、その商品が持つ価値やブランド力などが決定するとも言われている広告業界で動画広告はどのようなポジションにおかれているのでしょうか?動画を使う広告には、テレビコマーシャル、ウェブコマーシャル、実際に商品が展示してある場所に小さなDVD本体を置き、商品の説明などを流すものまで動画広告案件は数多くあります。

どのような表現方法をするかで、その商品や企業のもつイメージは大きく左右されるでしょう。特に動画を使用した広告では、多くの人に向けたメッセージを発信する訳です。数年前まではさほどの規模ではなかった日本でも、2017年の今年は、動画広告が急上昇していると言われています

なぜ、広告に動画を使うことでここまで売り上げが伸びているのか考えてみました。いまでは誰もがスマホを持つ時代になり、自宅でもカフェでも地下鉄や電車の中までも「Wi-Fi」が通っていて、外出先でもインターネット回線に繋がりやすくなりました。

サクサクと動画も閲覧できるようになったことが大きなポイントだとおもいます。若者だけでなく、中高生までもが、スマホで動画を見るようになり、テレビ離れが深刻な問題になっています。もちろんテレビを観ている世代には、高齢者を中心としたインターネットに縁のない方たちが多くいますので、テレビCMも高齢者向けの健康食品をテーマにしたものが多いようです。